風濕舒筋丸 360丸(15日分)

クリックで画像を表示

 詳細
関節痛、神経痛、腰痛

※本品は第2類医薬品です。
用法・用量、使用上の注意などをご確認の上お買い上げ下さい。

【15日分】

形状:丸剤

【効能・効果】
関節痛、神経痛、 腰痛、筋肉痛 

【用法・用量】
次の量を1日3回水又は白湯で服用
成人(15歳以上) 1回8丸
15歳未満 服用しないこと

【成分・分量】成人1日量24丸中
芍薬(シャクヤク)2.5g  当帰(トウキ)2.0g  地黄(ジオウ)2.0g  蒼朮(ソウジュツ)3.0g  川キュウ(センキュウ)2.0g  桃仁(トウニン)2.0g  茯苓(ブクリョウ)2.0g  陳皮(チンピ)1.5g  羌活(キョウカツ)1.5g  白シ(ビャクシ)1.5g  威霊仙(イレイセン)1.5g  防己(ボウイ)1.5g  龍胆(リュウタン)1.5g  牛膝(ゴシツ)1.5g  防風(ボウフウ) 1.5g  生姜(ショウキョウ)1.5g  甘草(カンゾウ)1.0g 
上記成分より得た疎経活血丸料エキス末3.5gを含有。

----------------
■相談すること
1.次の人は服用前に,医師又は薬剤師に相談して下さい。
 (1)医師の治療を受けている人
 (2)妊婦又は妊娠していると思われる人
 (3)胃腸が弱く下痢しやすい人
 (4)高齢者
 (5)今までに薬により発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人
 (6)次の症状のある人
 むくみ
 (7)次の診断を受けた人
 高血圧,心臓病,腎臓病
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師に相談して下さい。
 (1)服用後,次の症状があらわれた場合

[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
消化器:食欲不振,胃部不快感

まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けて下さい。

[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症:尿量が減少する,顔や手足がむくむ,まぶたが重くなる,手がこわばる,血圧が高くなる,頭痛等があらわれる

 (2)1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合
3.長期連用する場合には,医師又は薬剤師に相談して下さい。
----------------

ログイン・会員登録

カートの中身

カートに商品は入っていません

お問い合わせフォーム